FC2ブログ

155回フライトで格納庫へ

3週間ぶり位にトイヘリのスカイドルフィン君を飛ばしてみました。
飛行は相変わらず安定していたのですが最近はずっとFMSシミュレーターをやっていたのでMODE-1に慣れきっていたのでトイヘリのMODE-3はスロットルが左右逆なので最初とまどってしまいました。

日本とアメリカでは逆というのが良くあります、のこぎりもそうですよねアメリカは押して切るのに対して日本は引いて切る、電信の縦振り電鍵もそうです、アメリカは下に押して叩くに対して日本は上に引いた反動で下に下ろすのです。ま~どちらも慣れなんでしょうけどこれってなんなんでしょうかね?


トイヘリの話に戻りますが、飛行中とうとう送信機の電池が切れてLEDが消灯してしまいました。なのでノーコンになる前にフライト中止です。機体側はリチュームポリマーなので充電できますが送信機は単三アルカリが6本も必要です、6本の予備など当然保有していないので。。。さて電池切れをおこした6本の乾電池の電圧をテスターで測定してみました。すると1本だけが0Vで残りの5本は1.3V位でした。この1本の電圧降下で全体電圧の9Vが極端に落ちたのでしょう。単純計算だと9-1.5-(0.2×5)なので6.5Vまで下がったことになります。でも回路自体は5Vあれば動くのでしょうね~9Vから5Vに下げてから回路に入れているのでしょうけど元の9Vが2/3になれば5V側も下がるのかな~どんな定電圧回路か?探っていないのでまだわかりませんけど。。


ということで最近はほとんど飛ばしていないこともあり、中途半端な飛行で丁度本体側のリチュームポリマーバッテリーの保管に適した60%充電位かと思うので機体も格納庫に駐機することにしました。ここまでのフライト回数は155回で1回のフライト時間が約5分ですから総フライト時間は775分(13時間)ということになります。スピードは違いますが13時間と言えば日本からアメリカニューヨークまで?なので4000円のトイヘリ君のわりにはいい仕事してくれたと思います。


ただ送信機の電池も持ちにはちょっと読みがちがってましたね、13時間で無くなる約半日ですよ、赤外線式ですからリモコンと同じですからね。でもTVなどのリモコンはボタンを操作した時だけLEDが点灯するのに対して、この送信機は飛行している間ずっと点灯してしているんですよね多分、だからこんなもんなんですかね~、ま~アルカリ単三電池も6本で100円で購入できますからコスト的には十分なんですけど6本も一揆に捨てるというのも普段あまりないので、なんか地球に優しくない的な感じです。だからと言ってエネループ的なニッケル水素充電池を6本も購入するのもアホくさいので微妙な感じです。なので今度また飛ばす時にはどうせ室内なので送信機の電源を室内のコンセントから有線で・・・てのもいいかもしれませんね。


9月14日に購入して約2ヶ月間ですけどかなり遊んだ印象はあります、一時は4CHのシングルヘリも考えたのですけど欲しいやつがいまだに店に入荷しないのでいい加減諦めました。というか多分トイヘリとはぜんぜん違って難しいと思いますので、しばらくはシミュレーターで訓練しますよ、だってシミュレーターで完璧でも飛ばせないって言いますからね。お手軽にヘリ飛行を体験できる2重反転ジャイロ搭載のトイヘリ君はやっぱすばらしい大人のおもちゃでした(笑)









スポンサーサイト



フライト回数150回!!

Photo


こんばんわ!!
私のトイヘリ スカイドルフィン君も150回のフライまで行きました。
最近はフライトシミュレーターにはまってだいぶ飛行回数も減ってはきてますが、まだまだ快適にホバできてます!!
でも、やっぱりバーチャルの世界よりもトイヘリとはいえ実機の方がいいですね~
バーチャルだと何度落としても壊れないのは良いのですが無制限に飛ばせるので時間が過ぎるのが早いというか疲労感が積るというか・・だらだらやっても上達しないんですよ~他のブログとか見るとヘリの操作は自転車と一緒で1回を長くやるのではなく10分でよいので毎日やる方が良いとあります。だらだらやっても集中力が無くなるみたいです。
ん~~これって無線の電信覚える時と同じ理論ですね~、この手の思考力ではなく反射神経と言うか技能力というものは共通なんですねぇ~。
だから、持続力が無くなると挫折するパターンになるのかもしれません。この辺は楽器とかも同じなんですかね?



ま~実機の操作の方は完璧とまでは言えませんが、旋回や目的の位置まで操作することは可能です、ピンポイントで着陸もそれなりなり出来るようにはなってますけど、極めるとこまでは行ってませんけど5分間フルフライトは当然になりました。



さて、機体の方ですが飛行時間が極端に短くなることもなく約5分飛びます、これ当たりの機体だったのかな~当たれば200回はいけるみたいなブログもあったのであと50回の目標200回フライトも期待しています。
期間的には5週間経過してますが、最近は平日が0回もあるので今後は週末フライトになりそうですから200回までは道のりが長いかも?でも200回達成して機体がNGで終わるのも悲しいので飛べる状態でいたいという思いもありますけど・・・期間的には3ヶ月位は保持したいんですけどね。



ほどほどにフライト感が素人でも味わえるトイヘリはやっぱり絶妙なおもちゃでありました。









RCシミュレーターで遊ぶ!!(2)

今回のきっかけになった記事はこれです。
PPM信号

ここに私の持っている5CHの方に近い4CH用が乗っていたのです。この時代なら変調方式が同じ可能性があります。後でいろいろ調べたらPPMとPCMがあるようで私のはどちらもPPMでした。当時飛行機は飛ばせなかったものの部屋でサーボの動作までは確認していて、水晶を変えるとどちらのプロポでも操作できたことは覚えていたのです。水晶・・・今のはモジュール方式になっているようですが当時は水晶です・・・。

先ずはフリーのFMSなるソフトをダウンロードして、信号解析用のSMART PROPOなるアドインソフトも入れました。
あとはプロポの信号をPCのマイクかラインに入れるのです。


最初は4CHの方のトレーナー端子が付いているやつでやってみました、6ピンのDIN端子で2番がPPM信号です、あとはグランド。
DSC端子

私のはどちらもFUTABA製ですがDSC端子(トレナー端子)があるのは4CHの方です。
6ピンのDINプラグなど持っていないので配線の先端を半田で硬くして直接入れてやりました。
どきどきしながら電源オン!!ん~~信号は認識しているようですがどうも不安定なんです。信号とグランドに並列で10KΩの抵抗を入れてもみましたがあまり変化ありません。これではうまく操作できません。ちなみにこのシミュレーターはキーボードでも操作できるのですが、まずキーボード操作では無理に近いです・・・。


さてと、これであきらめるのもちと寂しいので、もう一個の古いタイプの5CHプロポでやってみます。
ただこれDSC端子が無いので、最初のきっかけ記事のニヤリのプロポのように蓋を開けて見てみました。するとまさに基板構成がほぼ同じではないですか~、記事では半固定の抵抗を入れてありますが先ずは抵抗無しで信号ピンから破線を出してPCマイク入力に入れてやりました、。するとなんてことでしょ~~ソフトで信号も認識して凄く安定しているではないですか~~、まだ仮の配線ですがそれでも普通に使えます。捨てないでよかったというか、このプロポもやっと日の目を見たというか・・・結果OKです。



さて、ハードはこれでそろったということで、目的のシミュレーターをやってみました!!でもですよ、これ最初ヒコーキでやってみたのですが、素人にはめちゃくちゃ難しいです。ヘリはもっと難しい・・・。これで何度も落とすのだから実機では先生がいないと絶対無理っていうことが良く分かりました・・・。
少し遊んでみます、でもこのおんぼろPCではグラボがショボすぎてかなり動作が遅くスローです、それでも落ちまくるんですけど・・・。

最後にヒコーキとヘリのスナップショットを一時停止でハードコピー撮ったので掲載しておきます。
でも、飛ばせなかった飛行機が今でもちょっと心残りがあったのですがバーチャルでもかなり満足している自分もいることはたしかですけど。。。







2










1



RCシミュレーターで遊ぶ!!(1)

トイヘリからちょっと離れてラジコンネタで書いてます。
4CHの室内ヘリ購入の予定だったのですが在庫が無いのでちょっと様子を見ているのですが、ラジヘリや飛行機をPC上でシミュレートするソフトが存在するってことは知ってましたけど昔はコントローラー付きで数万円もした記憶がありました。そこで最近のはどうなんだろ~とググッテみたら、なんとフリーのもあるではないですか~、でもUSBのコントローラーが3千円くらいか~といろんな記事を見ていたところ、通常のプロポをコントローラーとして使う記事を見つけたのです。接続方法もいろんなやり方があるようなのですが、その中でプロポの変調信号をPCのマイク入力に入れてやる方法があるってことを知りました。



そう言えば自宅には昔飛ばせなかったエンジンヘリのプロポが2台もあるのです。
これが飛行機を譲ってもらった時のやつで受信機だけを買えば使えるかと頂いたヘリにも使える5CHのプロポです。

L03b0344


そしてこれが受信機を購入する時にセットで送信機も付いてきた4CHの飛行機用です。


L03b0345


この下のやつはトレナー端子が背面に付いていてここから変調信号が拾えるらしいのです。


L03b0347

変調方式もいろんな種類が時代的にあるようでよく分からんけど、勉強の為も含めてダメ元でやってみることにしました!!


トイヘリ 修理

スカイドルフィン君も120回のフライとなりましたが90フライトあたりからちょっと音がおかしいな?とは思っていたのですが下ローターを手で回してみるとどうもひっかる感がありまして、この原因を探ってみました。



はい、そしてお約束の分解です。

L03b0341_1_2


その前に、せっかく分解したので前回確認出来なかったジャイロセンサーをさがしてみました。これですね基板上部前方に立って設置してありました。でもこのジャイロセンサーの動作ですが、機体を飛ばさないで手に持った状態でローターをまわしてやった時に手で機体を左右方向に回転させてやると、機体を戻そうと逆向きみ力がかかるのです。これは上下の羽の回転数を変えて制御しているんですね。その力に逆らってわざともっと回してやると自動的に回転が停止されてstopします。これは墜落時の機体の保護なんですね、凄いな~。


さてと、本題です。

L03b0339


これがギア部です。ひっかかりの原因と思われるギアを1ヶ外してある写真で下がそのギアです。

L03b0340

かなりボケボケですが、マッキーで印しをつけた所が引っかかりの原因いわいるバリと思われる所です。
このマッキーのタイミングで負荷になっているのです、さすが中華というかなんてなんちゅーかっていうか~。
この分をギアの組み付けで逃がそうとも思ったのですがローターのガタが大きくなるのようだったのでやめたのです。組合ギアはこのギア部ではなく面のフラットが関係してくるので微妙というかスペサーなど入っていないというか~

トイヘリは予備パーツの入手とかは出来ないので慎重にバリ取りと戦ってみます。なんて言っても小さいので、おっさんの目にはかなりきつい作業ですが、先ずはギアの歯を破損させないようにマスキングテープを貼り、バリ部を小型のヤスリで落としてやりました。爪の感覚でひかっから無い程度でほどほどで止めました。深追いは禁物ですから~。



で、こんなもんかと組み付けをしようかと思っていたら・・・・・


L03b0342_1_2

リポバッテリーのプラス配線がまさかの断線・・・・バッテリーがカウルの中なのでいろいろバラシテいるうちに負荷となって断線になちゃったのですね~、これで追加の半田付けの作業となってしまいました・・・トホホ。
基板でのプラスとマイナスが5mmくらいしか離れてないので、これコテでショートしたらリポバッテリーが死亡というか最悪発火するみたいなので、片方をマスキングテープで絶縁して慎重に半田作業を実施しました。mp3プレヤーの時のバッテリー移植の時はこれが怖くて配線カットして半田したのですが、今回は基板の半田箇所での断線なので、保険をかけるなら先に別配線を基板に付けてからバッテリー線に半田という方法もあるのですが、老眼鏡のおかげもあって、直接バッテリー配線を基板に半田しました。





仮組み付けをしてひっかかりも無くなったようなので本組みつけをして完了です。
その後テスト飛行では、最近気になっていた離陸直後に若干右回転になっていてトリム調整を毎回やっていたのですが、今度はそれが無くなりましたというか微調のみになりました。これやっぱりバリが回転時の負荷になっていたのだと思われます。




でも、これだけいじり倒すと完全に愛着がでてきますねえ~、4chへの浮気心もあるのですが、目当てのは入手難しいしですし仮に入手してもトイヘリではないので1からのスタートだしね~、多分この6畳間でのホバや旋回など4chは速すぎて無理かもしれませんね~、だったらこの2重反転のトイヘリが室内にはベストマッチなのかもしれません。4chだとホバ時テールローターで左に流れるようでそれをエルロンで補正するから機体が斜めになるようですし、これが2重反転式はぴったりまっすぐが姿勢ですから見た目にはいい。ただ2枚の羽が・・・というだけですから、我が家の飛行環境ではトイがベストなのかもしれませんね。それにしてもこのトイヘリは改めて良く出来ているなあ~と感心しました。
難しいのも興味はありますが、それを求めるよりも、この狭い空間で落とさず余裕で飛んでるってことの方が見てて満足する感があるのかもしれませんね。





あ~そうそう、なにごとも極める!!ってことが苦手な性格なので、とりあえずヘリを飛ばせたということで先に進まない方が無難なのかもしれないとも思ってきました、あれこれってギターもこの感があったりして、いえいえギターは亀のようですが少しずつでも進んでいるんですよ・・・ま~維持費は弦くらいですから・・・趣味はあまりのめり込まないっていうのが私のポリシーでもありますからね・・何事もほどほどにと。









プロフィール

のり

Author:のり
宮城県在住。
趣味のアマチュア無線や
その他日常の出来事につ
いて語っております。

カウンター
楽天市場
お買い物なら是非こちらを御利用ください。
お小遣い稼ぎ
アンケートに答えてポイントゲットしましょう。
マクロミルへ登録
ポイントGET
ポイントを貯めよう。
スポンサードリンク
●応援クリックお願いいたします。↓↓
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブログランキング
●応援クリックお願いいたします。↓↓
にほんブログ村
BLOG RANKING
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
今日の運勢
あなたの今日の運勢は?