FC2ブログ

ついに大台です。

140522_162713

ついに今の車が10万キロになってしまいました。10万キロと言えば地球を2周半したことになります。丁度11年乗ってしまいました。この前の車も10万キロ乗ったのですが9年位だった記憶があるので年数的には今の車が過去最高期間乗っていますね。昔より遠乗りしなくなりましたので1万キロ/1年を下回ってしまってます。ま~これは日々の通勤距離しだいなんでしょうけど昔片道20キロの時があって一番乗ったのかなあ~。


車に対しての興味は歳を追うごとに下がってきてるのは確かなのですが、最近昔乗っていたミニ1000時代を思い出して、また変な車も乗ってみたいなあ~という感もあって本屋さんとかで見たりしている自分もあります。でも無理ですね、独身時代は給料の大半を車に注ぎ込んだ時もありましたが今は出来ないので故障しない車が一番です。
車の品質も昔から格段に上がっているし10万キロでもまだまだいけると感じます。
しかし、プリウスはどんだけ~と言う位走ってますけど、やはり時代はハイブリットカーなのでしょうかね。






スポンサーサイト



WSPRで久々に受信してみた。

Puppy Linux 5.7.1 も普段使いには支障がなくなってきましたが、アマチュア無線関係のアプリケーションソフトが結構あってどうしてもこればっかりはWindows仕様になっています。


いくつかLinux版を試して使えそうなんですけどほんの一部のアプリしかありません。
そこでWineと言ってLinux上でWindowsのアプリを動作される方法があることが解っていくつかやってみました。

①HAMLOG(交信記録用ソフト)
②RTTY(文字通信)
③SSTV(画像通信)
④JT65-HF(微弱文字通信)
⑤WSPR(微弱伝搬通信)

使えるレベルは①のみであとはダメでした。
②~⑤は画面上の処理だけではなく送信用のPTT制御をCOM(RS232C)で行うことからうまくいかないのと、時間軸の同期を取って動かす仕組みなので、この辺がWine上では無理なんでしょうかね。


そんなこんな実験しながら約1年ぶりにJT65-HFとWSPRをWindows(XPですけど^ ^;)受信してみました。
今回送信は今ちょっとPCオーディオ絡みでRFの回り込みがあるので受信のみです。
回り込みの対策は無線機の音声入力ラインにトランスを入れると解消する所まで解っているので追って対策しようと思います。


夕方17:00頃のWSPR 30mバンド(10MHZ)を受信している画面です。
Wspr_3

これネット上の専用サーバーに繋ぐと地図で見ることができます。

Wspr_4

丁度W(USA)が開いているようで、東海岸あたりの局が受信できていますね。
理屈はJT-65と同じ微弱通信なのですが、違いはJT-65は相手と交信するのですがWSPRは自分は送信しても相手は聞いた情報をネット上に上げるだけで相互交信はなくレポートだけなんです。これなにが良いかと言うと自分の送信した電波がどこまで届いているのか?を全世界の受信局が知らせてくれるということなんです。
電波は周波数や時間帯や季節で伝搬状態が変化するので、お空のコンディションを知るのに使えるということです。


でもこの微弱通信はすごいな~生音を聞いていても解らない-30dbとかまでモニターできるのですか。
ただ送信と受信に1分以上必要WSPRは2分だったかな、受信は良いとして送信がフルパワーで2分も出しっぱなしにしなくてはいけないということです、でもフルパワーは必要なく数ワット程度でも良いので良いってことで。




















ジャンクなMP3スピーカー

140503_161142

ハードオフを覗いてみたところこんな物を発見、小型スピーカーですがSDからのMP3再生が可能でバッテリー内蔵、スピーカー駆動用のアンプ内蔵、AUX入力、ヘッドホン端子あり。スピーカーが2ヶでステレオ?。しかも税込みで324円なり。ということで買ってきました。しかも箱入りです。


さてさて、ジャンク品の醍醐味と言えば動作するのか?わくわくです。
その前に見ためでだまされたのがスピーカーは2ヶではなく一個でした・・・ビジュアル的には左右にあったのが決め手だったのですが一個は絶妙なだて画像でした・・・まあ〜300円すからドンマイ!!


説明書も入っているしUSB充電ケーブルとイヤホンも入ってますからジャンクというよりは小物雑貨の棚ズレ品という感じですかね。
先ずはUSBで2〜3時間充電しろとのことですが繋げれば動作はするでしょう、適当な手持ちのSDメモリーにMP3をいれて再生してみました。
お〜〜なんと再生したんですがかなり大きな音量でびっくり・・・一応ボリューム調整もできるのですがディフォルトでかなり大きくボタン長押しで音量調整なのでタイムラグがだいぶあっての反映です。ま〜300円ですから。



次にAUX入力ですが、ためしに携帯のワンセグ音声を入れてみたのですが、これがなかな良い。ボリュームは携帯側で調整できるしスピーカー側のディフォルトで丁度いい感じです。
次にMP3の再生をPCのLINE入力に入れてみると、これがなかなか丁度いい音圧でいい。再生音質もそこそこです。
次にPCを返さないジャンクアナログアンプの入力に入れてみる、ちゃんとステレオ音源になっているしいけてます。
元々これを購入したのは約4cmのスピーカーに期待したわけではなくてMP3プレヤーとしての利用をもくろんで購入しました。携帯MP3プレイヤーは持っているのですがデスク専用のMP3プレイヤーに丁度いいです。PC立ち上げしなくても聞けますからね。



ということで動作は特に問題ありませんでした300円です、実売は3000円位だったのかなあ〜
あとこれ、この小さいスピーカーでもかなりの音量出るし、アンプもかなり期待できます。スピーカーは一個ですがアンプ自体はステレオになっているのではないかと思われますから今度分解してみますかね。このアンプに普通のスピーカーを繋いでも鳴らせるかも?ユニット化されてるようなので今度チャレンジしてみますかね、先ずはMP3プレーヤーを300円でGETできたので今日の所は充分です。


140503_161218


140503_161318

しかも台座部分がLEDでブルーとレッドで点滅するのでビジュアル的にもいい感じですわ〜
あとMP3の再生順番ですがファイル名ではなくSDに入力した順番らしいですね。
これからちょっと遊んでみます。300円ですから〜

おんどり君終了のお知らせ

Temp_14_year

1ヶ月ぶりに車内温度をロギングしているおんどり君にアクセスしてみた所、なんと無線通信が出来ない・・・・
そうか電池CR2を交換したのが昨年末なのでちょうど4ヶ月経過、CR2で4ヶ月しか持たないんです。しかもCR2は昔カメラで多用されていたのですが今はデジカメになって出番無しで店でもあまり置いていなく、あったとしても一個600円もします。
前回もどうしようかと迷ったのですが1年分のDATAが取りたいので継続してましたが、今回はすでに1年たったので終了することにしました。おんどり君ご苦労さまでした。



最終DATAはローカルモードで吸い上げ済みでトップがそのグラフです。
グラフの色違いは取り始めにウエイトタイムを5分と短くしていたり何度か再スタートを掛けていたのでDATAが分散しているので、それをくっつけた為にDATA単位で色が変わっていますが歯抜けはありません。



今回、車内温度DATAという気象庁には無いDATAだと自負しております(笑)
でも、おんどり君今後は出番ないですねえ~電池が高すぎですから・・・ヤフオクで売れるかな~(笑)






プロフィール

のり

Author:のり
宮城県在住。
趣味のアマチュア無線や
その他日常の出来事につ
いて語っております。

カウンター
楽天市場
お買い物なら是非こちらを御利用ください。
お小遣い稼ぎ
アンケートに答えてポイントゲットしましょう。
マクロミルへ登録
ポイントGET
ポイントを貯めよう。
スポンサードリンク
●応援クリックお願いいたします。↓↓
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブログランキング
●応援クリックお願いいたします。↓↓
にほんブログ村
BLOG RANKING
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
今日の運勢
あなたの今日の運勢は?