FC2ブログ

SIMロック原則解除

総務省は27日、携帯電話会社が販売した端末を他社回線で使えないように制限する「SIMロック」を原則、解除させる方針を固めた。30日に開く有識者会議に方向性を示し、年度内に具体策を固めたい考えだ。SIMロック解除は、2010年6月に指針が示されたが、義務化が見送られたため、大きくは進んでいない。このため、総務省は指針の抜本的な見直しが必要と判断した。

・・・以上報道より

しかしお役所仕事でやっととう感じですね。
皆さんスマートフォーンはお使いですか?
これが普及してから今や家庭の通信費は電気代やガソリン代以上の負担となっていませんか?
家族4人として約7千円×4人=2万8千円ですよ!!

原発反対!!電気代上るとか言ってますけど皆さんの通信費の方がもっと高いですから。
今や電気は当たり前以上に通信も当たり前の時代になってますね。
ということは電力会社以上に通信業者は利益があるんでしょうか?

それにしてもモバイルの通信料金は異常に高すぎると思うのは私だけでしょうか?
基地局とかのインフラと電力のインフラにかかる設備運営費用に大差はあるのでしょうか?
せめて通信費も家族4人で電気代同等位までになってもらいたいですね。

今有線電話を持たない方が増えているようです、確かに必要なくなってますね。
昔の電電公社時代は一般回線は有線電話器だけで、長電話とかしてると良く親に怒られたし、仕事関係の緊急呼び出しはポケベルでした(笑)

しかし便利にはなりましたが仕事中ちょっとサボってリフレッシュとか出来なくなったことも事実ですけどね。

ちなみに私の持ってる無線従事者証の発行はすべて郵政省です(笑)

スポンサーサイト



CWを覚える(和文偏)

先日は欧文についてでしたが、今回は和文について書きます。

最初から音響方法で学習したのですが欧文と同じ符号はそれなりに
聞いたことのある符号音なのでカタカナに当て覚えればそんなに苦労はいたしません。

問題は欧文に無い符号です、しかもこれらは符号構成数が多いので
符号図で覚えようとしては結構厳しいのです。そこで音響方となるのですが、ちょとしたコツがあります。

欧文の実際の交信を重ねると実際1字1句受信しなくなり略符号単位で音楽のフレーズのように覚えてしまうのです。
たとえばQTHだと
初めは  : Q T H と 個別に取っている。
慣れると : QTH 全体をまとめた長いフレーズで覚えしまう。

そうなると長い和文の符号もこんな略符号感覚で繰り返し聞いていると覚えられるのです。

私の場合はこんな感じで3文字/週くらい増やしていって覚えました。
後は1日いくら長い時間やってもダメなんですよ、10分/1日でも
良いので毎日続けることが重要なんですね。
よく自転車乗りの練習と同じとかとも言われますね、そして覚えたのは自転車と同じで間があいても何故か忘れないんですよ。
昔聞いた音楽のサビを覚えているのと同じなんですかね(笑)

そして和文のQSOに挑んだ訳ですが欧文の時にはない試練があった
のであります。
欧文の方はほとんどエレキーなのでスピードはまちまちですが
長点と短点が3:1の綺麗な符号なので受信もし易いのですが、
和文の方は立て振りやバグキーが多いのか4:1とかみょ〜に長点が
長い打ち方をするんですね。ベテランの方は味があるとか言いますが、私にはこれがぜんぜん取れません出した、今でも苦手です。
和文は符号が長いのでハイスピードの方はかえって解りやすいのですが、この癖のある符号はどうにもなり間背ん、文字の区切りが分からなくなるんですよね。

そんなこんなで和文のスタートはへこみましたが、そんな中でも親切なOMさんがいまして、私が上手く受信できていないようだと文字間を多めにあけてくれたり、ゆっくり打ってくれたりしてくれる方もおりましてあり難いものでした。


CWを覚える(欧文偏)

大昔わたしが高校生の時CWを覚えることが出来ませんでした。
それから10年経過した27歳の時に再チャレンジが始まったのです。
2アマ取得がきっかけでしたが挫折したCWへのリベンジでした。

先ずは本屋さんへ行き2,3アマ受検対策的な本を購入、その中には単語
カードの符号版がみたいなのが製作できる物が入っていたのです。
それでまず・ーと言う画像はAだというように目で覚えたのです。
でもこれが失敗でした。

次に音を聞いて字を書く練習ですが 
トツーという音 → ・ーという画像 → Aという文字
50字/分までくらいのスピードならこれでも良いのですが速度が
上ってくるとこれだと取れなくなってしまうのです、ワンテンポ多い
せいで・ーという画像が余計なんです。

普段のQSOなら相手も自分のスピードにあわせてくれるのですが、
コンテストで自分がCQの時とかはいくら自分が遅いスピードで
CQ出していても、めちゃくちゃハイスピードでコールサインをそれも
1回だけ打ってくるのがざらですから取れない時があるのです。
その時は聞こえていてもQRZと打ちますけど。。

いわいる音響方というやつで最初から覚えるとハイスピードでも楽なん
です。トツーという音 → Aという文字 
簡単に言うと音楽のフレーズを覚えるイメージですかね。
ということが後から分かったのですが、最初に覚えたのが単語カード
だったのでどうしても・ーという画像が出てきてしまって。。
だいぶ意識しないようにはなったのですが今でも出てきてしまいます

なので、欧文のハイスピードは今でも苦手です。Hi
なのでこれからCWを覚えようと思う方は最初から音響方で覚えた方が
良いと思います。

この経験から和文を覚える時は単語カードを使用しないで音響方でやり
ました。
和文は文字が欧文の倍ありますら・ーの画像方式では長い符号が
ありますから画像で覚えるのはきついというのもありますからね。

和文の方は別に和文偏で語りたいと思います。
それと送信のほうですけど、これは大丈夫です。受信ができれば送信の
符号自体はすぐ出ます、あとは電鍵の操作方法しだいで立て振りか
エレキーなどのパドルかで違いますけどすぐ慣れます。
ただあの半自動電鍵(バグキー)は私も操作できません、エレキーに慣れて
しまったので一度借りてやってみたのですが出来ませんでした(笑)

1KWの局は何局あるのか?

先日1アマの人口について書きましたが、はたしてその内1アマでないと出せない200Wを超える局は全国で何局あるのでしょうか?(正式に免許を受けている局)
総務省のデーターベースでは出力で検索出来ることができません。すべての局を見て集計すれば可能なんでしょうけど誰かやってみた人とかいるんですかねえ〜。

私も一応は1アマですが免許は移動局のみだし50Wの局免です。
資格があっても1KW免許を受けるにはかんりハードルは高く財力はもちろん住宅環境でかなり制限されてしまいますからセオリー通り1アマで1KW免許の局はほんの一握りではないかと思います。

そこでざっくりですが試算してみました。ほんと体験からのざっくりですけどコンテストのナンバー送信で出力を送信するやつとかありますけど自分の体験からは約全体の多くて10%位ではないかと思います。
ま〜コンテストですからKW局の活躍の場なので多いとしてコンテスト以外の局もいるので多めの試算で10%にしてみましょう。

1アマの人口は約3万人でこれはデーターですが、この内実際に現在開局している局は?ですけど1/3の1万人と仮説してみました。するとこの内の10%で1000局/全国が1KWではないかと思うのです。
これを県数で割ると20局/県となりますよね。これ結構近いような気がしてきました。ま〜県もいろいろですから1エリアではこれ以上なんでしょうけど並らせばこの位なのかな〜。

私は宮城県ですが実際20年位やってますけどメジャーな高校や大学のクラブ局以外で1KWの局と遭遇した経験と言うと10局以下だと思いますからいいところなのかもしれませんね〜1局/町かな?私の町に強い局が1局いますがその方が出ると同じバンドだと私は死亡します(笑)

ということで今従事者資格の緩和など話題になっておりますが理想のアマチュア局で1KW運用できるのは従事者資格以上にハードルは高く私から言わせてもらえば夢の世界で実際やられてる方を尊敬いたします。
でも1人、1KWも局長さんの知り合いがいるのですが無闇に1KWは出さないし、1KWの免許を取ったことで満足してしまってアクティビティーが下がったとかとも言ってましたけどね。
ま〜アマチュア無線は出力だけではないので私も気長に楽しんで行きたいと思っております。

PCオーディオの欠点

140326_193721.jpg

1、雑誌付録のUSB-DAC http://hamham73.blog.fc2.com/blog-entry-119.html

2、ジャンクなアナログアンプ http://hamham73.blog.fc2.com/blog-entry-121.html

ここから約3ヶ月たってヘッドホン派からスピーカーで聞くようになってきての感想です。

●利点:長く聞くにはスピーカーの方が疲れません、低音量でも耳アン
    プが効くのか心地よいです。特にお風呂上がりなどヘッドホンは
    汗をかくというか蒸れるんですよね。

●欠点:これPCオーディオならではと思いますがPCのファンの音が気に
    なりうるさく感じます。
    始めた頃はあなり気にならなかったのですが音量を絞って聞くの
    が増えたせいか最近妙に気になります。

PCオーディオは今結構旬でハイレゾと話題になっていて機器のうんぬん
やスピーカーのうんぬんなど、自分のような素人では理解出来ない世界
があります。
しかし、その微妙な音の違いに対してPCのファンの音やHDDの回転音
はかなり致命的ではないかと思います。

PCオーディオをやるにはPCはファンレスでSSDが理想ではないかと
最近感じました。

でもこのPC音が無くなれば今の貧乏PCオーディオも結構いけてると
思ってはいます。

やっぱ本気でハイレゾとか聞くなら専用機が理想なんですかね
昔はミニコンポが定番でしが今手頃な価格で良いのでてますね
↓↓↓参考まで

2アマが講習会で取れる。

皆さんこんにちは〜

↓昨日総務省から発表されてました。
無線従事者養成課程の対象資格の拡大に関する意見募集の結果

なにげに気にはなっていたのですがこれは確定ですね。

皆さん環境が違いますので色々な意見があって当然でだとは思います。

そこで私的にはどうか考えてみました。

講習会の時間や内容によっても変わりますが、それなりの内容でしたら良いのではないかと思いますね。

ただ講習会の内容ですが今までの3級や4級の流れで試験問題の解説と丸暗記みたいなのはこの際やめちゃって実践レベルというか運用やマナー中心の講習会にしては良いのではなかと思います。

ぶっちゃけ無線工学うんたらを学習してもメーカー製のリグで自分で修理とか改造が出来ないのが現実ですから、それよりは今はデジタルモードなど色々な運用モードがありますのでその解説や運用方法など教えてやった方が絶対ためになるし、実際運用段階になってもすんなり入れると思います。

あとは講習会制度と言うより今の資格分けが国家試験の内容と合わなくなってきていると思います。
10年位前から言われてはいましたが、もう初級と上級の2つだけで良いと思います。

昔の試験制度では実際の運用面でCWの難易度で分けてましたけど今CWの試験は全部の級で無くなったし、法規はそれなり同じだし、違いは無線工学の難易度のみです。そこが違うと言っても1級〜4級まで実際は同じメーカー製のリグを使っていますパワーの違い位で操作は同じなんですよ〜。

しかし20年前とは違ってアマチュア無線自体の存在感が年々薄くなってきているのは実感していまして、趣味は何?とか聞かれてアマ無線とか言っても分かってもらえなくなってきてますから最近は言わないことにしてます(笑)

にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ
にほんブログ村


アマチュア無線 ブログランキングへ

自分が持ってる無線従事者資格

皆さんこんばんはです。

アマチュア無線を始めてから無線従事者資格というものに興味を持ちアマ
チュア以外でも取ったものがありますので、アマチュアと受験はしたけど
落ちたのも合わせて受験順に記載したいと思います。

●1981年 電話級アマチュア無線技士(現第4級アマチュア無線技士)合格
それまでBCLなどやってましたが自分で電波を出したかったのです。

●1983年 電話級無線通信士(現第4級海上無線通信士) 合格
電信級(現3アマ)を取りたかったのですがCWを覚えることができず、
それなら電話の初級プロを取ろうと思ったのきっかけです、この頃プロの
では記述式でした。又、通信術は朝日の”ア”方式で電文の受信と送信があ
りました。

●1983年 多重無線技術士(現第1級特殊無線技術士) 不合格
4海通にあじをしめて受験しましたが激沈でした、無線工学が5問しか出
ないのですが記述式です過去問から5問って的を絞るのがほぼ困難、えい
やーで受けてみましたが2問は自信があったが1問が不安であとの2問は
書くことも出来ませんでした。

●1993年 第2級アマチュア無線技士 合格
3級を飛ばしたわけでは無く2級と3級のダブル受験を行ったのですが受
験日が2アマの方が数日前だったのです。通信術は欧文の受信、欧文モー
ルスはかなり受信練習をしてからの受験でしたのでけっこう余裕度はあっ
たと覚えおり100%取れました。無銭工学の選択式になっていたので90
%位だったと記憶してまして受験時確実にパスしたと実感しました。

●1993年 第3級アマチュア無線技士 合格
2アマとのダブル受験で2アマ受験の後だったのです、2アマの感触が良
かったのでですが2アマの結果がまだだったので保険と3アマのパスカー
ドもコレクションとして欲しかったので受けました。学科は2アマのもや
っていたので100%でした。通信術も楽勝かと思っていたのですが思っ
てもみないことがあったのです。ほぼ2アマに的を絞っていたのでCWの
スピードも2アマに合わせて練習していたのですが、いざ3アマのスピー
ドで聞くとこれが遅すぎて符号としてイメージするのが最初とまっどった
のです。・ー(A) が ・(E)とー(T) に聞こえてしまったわけですHi  
思わぬ所でとまどいましたが、対応はできてこれも100%取れたまし
た。

1995年 第1級アマチュア無銭技士 合格
和文の試験が無くなるという情報などまったく知らず必死で和文を覚えて
ました。日々の通勤の車のステレオで和文のテープを聞いてましたし、
帰宅してもラジカセで聞いて筆記を30分やりこれを約半年続けました。
長い時間やるよりも短い時間で毎日やることが重要だとなにかに書いて
いたんですよね。無線工学は本を熟読しましたが計算問題で虚数を理解
するのに苦労した記憶があります。
そしていよいよ試験当日です、2アマの時とは違って余裕度などなくて。。
午前は無線工学でしたがほんと60〜70%でした、帰宅して採点しても
ギリかな〜レベルだったと思います。
そして午後1通信術です、欧文は2アマの時とさほど違いは無く100%
だったのですが問題の和文です、練習はしてましたが練習でもギリレベル
の受検だったので必死というか、一字一1句取るのが精一杯でどんな電文
だったかなんて記憶にありません。悩んだ時は空白の方が原点が少ないの
で誤字よりは空白にしました。結果自分採点してもギリギリ受かるか落ち
るかの所で学科みたいに記録がないので頭の中の記憶のみでしたが際どい
ラインだったんです。でもここが自分のレベルだしあとは天にまかせると
思いました。
そして数週間して通知が郵送で来ましてラベルを開けると2文字!!
和文&無線工学がギリギリだったので、さすがにこの時は嬉しかったです
ね、というか毎日の受信練習と無線工学の計算との戦いが報われたと
思われた瞬間で、過去の受検ではなかった満足感があったと思いました。


そこからプロの資格にチャレンジすることは無く今にいったってます。
というか、これ以上のプロの資格はかなり自分におとってハードルが
高いと思ったのかもしれません。

無線従事者資格というアイテムではこれが以上ですが仕事関係で別の
機械電気関係での試験等もこの後あったので無線関係は自分の中で、
ここで区切りがついたのかもしれません。

くだらない思い出話しでありましたが読んでくださってありがとうございました。

にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ
にほんブログ村


アマチュア無線 ブログランキングへ

ベンチャーパドル防塵カバー製作

皆さんこんばんわ〜

先日見事な復旧を遂げたJA-2君ですがまた汚れないうちに防塵カバーをなんとかすることにしました。
電鍵を磨く
巷では特注で作成してくれる所もあるようですけど先ずは自力でやってみます。

こんな時はとりあえず100均に行ってみることです。まず大きさを測っていきますね100W×95D×60Hです。
最初フィギヤとか飾るケースがいいかなあ少し大きい文字〜とめぼしを立てて行ったのですが、これでは小さいです。
またタッパか〜と見ましたが大きさはまーちょっと大きめならあるんですが、タッパーって加工はし易くて良いのですが乳白色で透明ではないのですよね〜見ため関係ない物には良く使うのですが、今回の場合はパドルなのでできれば透明にしたい。結局満足のいく物が無くて撤収です、と言うか見ている中でこれの大きいのがあったら良いかも?というアイデアが浮かんできたのです。それも家に有る物でした。

はい、これです。早速寸法を測るといい感じです。
140623_132709.jpg

これスルメが入っていたケースで、何かに使えないかな〜と取ってありました。
いわいるペットボトルと同じ素材なので加工も簡単でカッターやハサミで切れますし、なんと言っても透明です
強度は弱いですけどホコリ防止なだけなので充分でしょう!!

そしてパドルと並べてみましょう!!
140623_132801.jpg
そうなんです底の方を上にするのです。

どんな感じに収まるか先ずは高さを長めにラフカットしてみました。
140623_133624.jpg
なんと言うことでしょう〜幅と奥行きがピッタリフットするではないですか〜
丁度4隅の角が当たってほどよい抵抗感が有りガタつきは全然ありません。

ここまでくればしめたものです、あとは高さを決めて綺麗にカットです、1ヶしか無いので失敗はできません。
いろいろ考えて高さはゴム足下から65mmに決めました。

はい、完成です!!
140623_141954.jpg

思っていたより良い感じです、角張ったケースよりかこの曲線がいいかもしれません。
何が苦労したかって、スルメのラベルがかかっていた為にそのシール剥がしが一番大変だったかな(笑)、綺麗に剥がれないんですよね〜、こんな時はいつもCRC-556を吹きかけてぐりぐりやっていると綺麗に剥がせるんですよね。

ま〜いかにもアマチュア的な作品でしたがあしからず。。
にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ
にほんブログ村

自分のHAMライフの変化

ふと、今までのHAMライフをふり返ってみました。

それは何故?かと言うとここ数年オンエアーがめっきり少なくなってます。
1つはPCでネットをに向かう時間が多くなったこと。
もう1つは世間一般の会社勤務になったことだと思います。

先ず1ツ目ですが私の家の環境がネット環境になったのは遅くて2006年です、それまではPCはあったもののHAMLOGやパケット通信などHAM関係のTOOLとしてだけ使っていた程度です。
それがいざネット環境が出来ると、これはこれで面白いという感覚になりましたねえ〜、それまでは月の接続料金も高かったし無理と言うかHAMをやっていたこともあり通信接続に高額費用をかけるということが許せなかったというか・・・なんか変な意地みたいなのがあったのかもそれません。
しかし、その後接続料金も下がってきたのでADSLくらいはいいだろうということで世間の波に乗ったわけです。でも今でも光ではないADSLのままですけど。。

そしてもう1ツの生活環境が変ったことです。
HAMを再開した頃仕事の関係で3交代という特殊な勤務体型でして昼勤(6:00-14:30)晩勤(14::00-22:30)夜勤(22:00-6:30)というのが4日ごとに変る勤務でその変更間が1日の休暇というものでした。
これが何故生活環境に影響するかと言うと家族と接する時間が極端に少ないということなんです。逆に言うと自分1人の時間が多すぎるということです。
ほぼまともな時間は昼勤務です、朝は家族より早く出ますが夕飯は一緒です。
晩勤は夕飯は会社で食べるので帰宅の23:00へたすると残業で日が変るので家族は寝てます。
夜勤は私が帰ってくる時間には家族は居ないし12:00頃に寝てたのですがそこまで1人です。

そのんなわけで1人の時間が多かったし、夜勤の午前の国内QSOや晩勤帰っての深夜の海外QSOが普通の生活環境で出来ていたというか、この生活環境に合った趣味がHAMだったのでしょう。
そして3交代から2交代と言う夜勤の無い昼勤務と晩勤に変って土日が休みとなったのです。
ここでの変化は平日午前中のQSOが減ったことです、この時間国内の7MZで和文CWが多くてハマっていたのですがそれができなくなってしましました、さすがに土日は家族サービスだったので。なので和文CWもこの時期にあまり出なくなってしまいましたね。
でも晩勤はまだあったので帰ってきて早くて23:30です、次の日は12:00頃起きればよいので3:00に寝ても余裕なわけで、この深夜の時間帯が結構面白くてメイン運用の7MHZではヨーロッパが開くんですよね、この時間帯が結構好きですた。

そして2007年ころかな〜完全に普通勤務になったのです。
ある意味世間一般の普通の生活環境になったわけで家族環境的には良くなったのですがHAM環境と言うと全然運用時間帯が変ってしまったのでワッチする時間も減っていってしまったと思いますね、というか丁度ネット環境が出来た時期とタイミングが同じ頃だったので、どちらが大きく影響しているかは解らないかなあ〜。

そして現在、セカンドもだいぶ大きくなり土日のお出かけも減り昼間の自分時間も最近は多くなってきましたので、我が人生3度目のHAMライフが到来している予感も出てきました、また少しずつでもHAM対するモチベーションを上げていこうかと思っております。最近はデジタルモードなども増えてきていて昔とは違った楽しみ方ができてきましたからね。

ここまで読んでくださって有難うございます、皆さんとお空でもお会い出来ることを楽しみにしております。

DE  JE7RCE
TU CUAGN 73!!
・・・ー ・ー ・・
にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ
にほんブログ村

IC-502Aという6m機

今の時期と言えばEスポシーズンです。

開局当時の高校生時代では2mがメインでしたので6m機は持っていませんでした。2mでもEスポは発生していてここ7エリアと1エリアや8エリアとの交信は可能でありました。
しかし6mのEスポを体験したくてもリグが無いので、良く友人の持っていたIC-502Aで聞かされたことがありEスポが出ると普段静かな6mが一気に賑やかになることに感動したことを覚えています。

そこから社会人となりQRT時期があったのですが再開してからはHFそれもアンテナの都合で7Mhzしか運用していなかったのですが、当時パケット通信で売ります買いますみたいなのがあって、このIC-502Aがたしか5千円だったかな〜出ていたのです。学生時代を思い出してしまい買ちゃたのですが6m用の外部アンテナもなくて本体に付いているホイップアンテナのみでたま〜に電源いれる程度だったので20年間で1局しかQSOしていないと思いますね。

今でも持っているので置いてはいます。

140622_191029.jpg

今はTwitterなどでもEスポ情報が分るので土日の昼間は気にかけてはいるのですがまだ聞けてませんね。
やはりホイップアンテナだけではきついのか?もしかして壊れているのか?あいにく他に6mのリグを持っていないので確認も出来なくただただ雑音しか聞こえません。

ま〜でもこれVFO式で今の時代使い物にはならないので飾り物って感じですけどね。
でも当時この立て置きってのが印象的で他には無いデザインでした。
これが横置きだったら置く所がなくて押入れなんでしょうけど、縦置きのおかげでまだデスクの隙間にかろうじて置かれているっていうのが正直な所ですかね。
プロフィール

のり

Author:のり
宮城県在住。
趣味のアマチュア無線や
その他日常の出来事につ
いて語っております。

カウンター
楽天市場
お買い物なら是非こちらを御利用ください。
お小遣い稼ぎ
アンケートに答えてポイントゲットしましょう。
マクロミルへ登録
ポイントGET
ポイントを貯めよう。
スポンサードリンク
●応援クリックお願いいたします。↓↓
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブログランキング
●応援クリックお願いいたします。↓↓
にほんブログ村
BLOG RANKING
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
今日の運勢
あなたの今日の運勢は?